FC2ブログ

記事一覧

今日はデッキ的には忙しかったです。

 今日は皆さんが片付けを手伝ってくれる事になり、ついでに各種作業も同時進行しました。 車高調整後、アライメント調整のエボゴン。APレーシング サーキット用6POT&355mmローターのGTA。最後は前後ブレーキパッド交換。 その間に電気工事配線や電話応対などてんこ盛り!1日の締めは噂の長城飯店で食事&飲酒(ドラ以外)。ココは本当にやすくておいしいです。同じ瀬戸の支留比亜コーヒーとは大違いの良いお店...

続きを読む

これはCNCレーザーカットマシンです。

 これはデッキの製品製作には無くてはならない工作機械です。場所と運用コストがかかるのと、信頼のおける外注さんがいてくれるのでデッキで持ってはいませんが、かなりの頻度で使用しています。 この機械はレーザーによって板を切る為の物なので、作り出されるものは多岐にわたります。 デッキでは、ブレーキブラケットの一部や、シム、ワッシャー等を切り出しています。高い精度の不要な板加工はほぼこの機械で加工しています...

続きを読む

アウディRS6用リアビックローター

 アウディRS6用リアビックローターキットのローターが完成しました。RS6はブレーキが効くと言えば効くのですがペダルタッチは余り良くないので、フローティング構造を採用する事でペダルフィールの向上と効きの向上を望めると考えています。 早く装着して現車でのテストを行いたい気持ちでわくわくしています。...

続きを読む

無限ショックのピストンバルブ

 これは、無限のダンパーのピストンバルブです。特性としてはピストン速度が上がるにつれて減衰力が比例して上がるリニアタイプです。 ただ!正直言ってがっかりするほど設計が古いです。でも、台湾製のショックなどはこの辺のダンパーをコピーしているのだな~と再認識しました(笑) 他人が作ったものを真似していては何時までも真似の領域を出ませんが、元を作った側も進化させないと、コピーな人たちは更に新しいのをコピー...

続きを読む

明日からケータハム スーパー7のダンパー製作再開!

 いやー難しい・・・ケータハム スーパー7・・・。当たり前ながら現代の車みたいにしっとりは仕上がりません。がボディー剛性が低いなりには仕上がると思っていたのですが、かなりピーキーに仕上がっていました・・・。 まず、スペースが無いのが痛く理想的にダンパーをレイアウトできません。しかし、そこはオーナーさんにボディー加工を許してもらったのでクリアー! 多分、長いストロークを確保出来れば、安心で乗り易い車...

続きを読む

ひたすら出荷&工場の掃除をしていました。

 今日は仙石がお休みなのですが、出荷部品の梱包作業を行い、それが終わると掃除&整理整頓をしていました。 大分と綺麗になってきましたがまだまだ感がたっぷり・・・。取り合えず仕事が出来るという状況ですね(笑) 移転して思うのは、広くて疲れると言う事です(笑)、移動距離が大幅に多くなっているのが原因ですが、導線を考えてレイアウトしてゆかないと大変な事になりそうです・・・。...

続きを読む

移転出来た事への感謝の気持ち。

 皆さんのご愛顧によって何とか移転する事が出来ました。特に兵隊として引越しを手伝ってくれた皆さんには、実は涙モノに感謝しています。 感謝の気持ちを伝えるのは非常に難しいので形にしたいと思います。まずは特価販売をしようと思っています。 AP,フェロード、コスワース、デッキ製品などはいずれも最低20%OFFにしようと思っています。期限は特にありませんが、5月末くらいまでが引越しセールと言えるのではない...

続きを読む

今日のお仕事はEVO7のブレーキ交換でした。

 今日はEVO7のブレーキ交換を行いました。何度見ても09モデルはカッコ良くて涙が出ます(笑) ところでこの車はデッキの元デモカーです。オーナーさんも綺麗に乗ってくれていますし、定期的なメンテナンスのおかげでサーキット走行を何度も行っているのにトラブルフリー! 今月30日にも走行会に行くそうです。好きですね~~(笑)...

続きを読む

車の楽しみ方。

 僕は仕事柄、色々な車に乗る機会があります。そして各車にそれぞれの魅力があります。スポーツカー以外は魅力が無い様におっしゃる方も見えますが僕はそうは思いません。 例えばオープンカーでも、ロードスターの様なスポーツ派もあれば、ゴルフのオープンの様な単にオープンを楽しむというオープンカーも有ります。 一見、ロードスターの方が「スポーツカー&オープンカー」で2度おいしいような気がしますが、ゴルフは4人で...

続きを読む

ローター管理に対する新しいサービスを開始します。

 この塗料は、設定温度になると原色から色が変化して温度を知る事が出来るものです。多くの場合はブレーキローターのベンチレーションフィン付近に塗布して使います。 最近は非接触型の温度計が安くなってきたので、クラブマンレーサーの方達の中にもピットインした時に温度を測っている姿を見るようになりましたが、それでは走行中のデーターでは有りません。  この塗料を使えば「実走行中」の最高温度を知る事が出来ますから...

続きを読む

プロフィール

DECKMP

Author:DECKMP
自動車用ブレーキキット、ショックアブソーバーの設計、製作を行っております。愛知県のデッキと申します。
APレーシング、コスワースの代理店でもあります。

最新コメント

月別アーカイブ