FC2ブログ

記事一覧

サイド内蔵キャリパー車両のリアキャリパー交換。

VWゴルフや、アウディ、国産車でもホンダやマツダなどは、パーキングブレーキがリアキャリパーに内蔵されていますので、リアキャリパーの交換は困難です。しかし、サイドブレーキワイヤーと連動して油圧を発生させる装置を使えば、ご覧のようにリアキャリパーも交換する事が出来るようになります。機械的にパーキングブレーキを作動させるわけではありませんので車検は通りませんが、サーキット専用車でもパーキングブレーキは欲...

続きを読む

忘年会の件です。

今年もあとわずかになってまいりました。なんだか今年は1年が早かった気がします(苦笑)おかげさまで忘年会も予定通り開催する事が出来そうです。場所はクオーコディマーレhttp://www.cuoco-di-mare.com/開催は7時半からとさせていただきます。東急ホテルに宿泊をご希望していただいた方の部屋は、私の名前で予約が取れておりますのでご安心ください。では、あと1カ月、忘年会を楽しみに頑張ります!!...

続きを読む

急に寒くなりましたね。

今年は温かいな~などと思っていたら、昨日から急に寒くなり嬉しいやら悲しいやら…です。と言う事で、早速スタッドレスタイヤに交換しています。このスタッドレスは台湾製なのですが、本当の雪国での使用でなければソコソコ使えると気に入っています。今年の冬も何事も無く乗り切りたいです。...

続きを読む

ダンパーの減衰力調整ダイアルも切削加工品です。

今日はダンパーの減衰力調整ダイアルを切削加工しています。正直、ダイアルにここまでこだわる必要があるのか?と思いながら、毎回作っていますが、減衰力調整が付いたダンパーで、締め切り位置とクリックがずれた経験がある方も多いと思います。(左はクリックより少し締めたところで締め切りだけど、右はクリックからかなり締めたところで締め切り。みたいに)ここまでダイアルにこだわるのは、調整ダイアルのクリック位置とダン...

続きを読む

RSワタナベのホイールは対向キャリパー泣かせ…。

とても格好良い「RSワタナベ 8スポーク」ホイールですが、ホイールの裏側クリアランスがほとんどなく、対向キャリパーを装着する際は、キットの製作にとても苦労します。今回ご依頼いただいた「S30Z」も、ローターの位置を内側に移動したり、キャリパーの銘柄を変更したりと、ミリ単位の攻防戦を繰り広げています。とは言え、なんとかキット化の目途が立ったので一安心です(笑)あとはゴルフのリアか…。ゴルフのリアは手...

続きを読む

シェルビーコブラのシート変更。

シェルビーコブラはローバックタイプのシートが装着されていますが、これをナスカーさながらのアルミ板金製のバケットシートに変更をしています。今まで装着されていたノーマル?シートは、これら車にありがちなフレーム直付けで究極のローポジションとなっています。これから装着するシートも同じようにフレーム直付けで装着したいと考えていますが、シートに合わせてコブラのフレームに穴を開けるのは気が引けますので、元穴を利...

続きを読む

今日はNDロードスターの箱根オフ。ですが…。

今日はマツダターンパイクで開催される、NDロードスターだけのオフ会ですが、オフ会はメカニックがうかがっていて僕は会社でパーツ製作しています…(涙)今日は天気にも恵まれたので、オフ会もきっと盛り上がったのでしょうね(笑)...

続きを読む

APレーシングのレース用キャリパーをコブラに装着。

APレーシングのラインナップの中でも最高クラスのキャリパーを、シェルビーコブラに装着させていただきました。良いキャリパーは効く効かないと言うレベルでは無く、カッチとしたフィーリングや正確性、そして長い耐久性など良い事がたくさんありますので、メンテナンスサイクルが短くて良い場合はストリート走行においてもお勧めなのです。こればかりは使ってみないと分かりませんが、ブレーキは常時使用しているパーツなので、...

続きを読む

結局、手作業が一番だったりします。

精度が高く、複雑な形状にも加工可能なCNC旋盤を常用していますが、薄板にドリルで大きな穴を開けるような時は、結局コンピューターを使わない通常旋盤を使っています。熟練した職人は手ごたえで送り速度を調整するので、加工物が飛んでいくような事は無いのですが、CNCはプログラムされた一定の動きしかしないので チャックの圧力を上げられない薄い材料の場合、外れて飛んでしまう事があるのです。大量生産する場合は手作...

続きを読む

FD3Sのドアハンドル交換。

車に乗っていると自然と傷が入ってしまうドアハンドルを交換しました。特に今回のFD3Sですと、ハンドル自体がボディーデザインの一部となっているため、傷やかすれ、色落ちが目立ってしまいますので、交換すると車体もきれいに感じますのでお勧めのメンテです(笑)...

続きを読む

プロフィール

DECKMP

Author:DECKMP
自動車用ブレーキキット、ショックアブソーバーの設計、製作を行っております。愛知県のデッキと申します。
APレーシング、コスワースの代理店でもあります。

最新コメント

月別アーカイブ