FC2ブログ

記事一覧

ポルシェ997GT3の足回りが完成。

ポルシェ997GT3の足回りが完成しました。細かい煮ツメはドライバーさんと二人三脚でやっていかないといけないと思いますが、997GT3の基本セットは完成できたと思います。997GT3用弊社製ダンパーのご注文をお待ちしております(笑)しかし、低重心からくる運動性能はさすがですね。エンジンも官能的かつ低速トルクもあって、まさに理想のスポーツカーだと思います。...

続きを読む

APレーシング PRO5000R フロント用4POTシリーズ

好評のAPレーシング製レース用キャリパーPRO5000Rシリーズに、フロント用4POTが加わりました。大口径ローターを使用しながらも、システムとして軽量を図りたいタイムアタックマシンや、余裕のある32mm厚ローターと組み合わせたいサーキット用ミドルウエイト車両など、多くのチーム、エンジニアのご要望にお応えできる逸品となっています。http://deck-japan.co.jp/product/?p=123...

続きを読む

遅ればせながらスイフトスポーツ用車高調整ダンパー制作開始。

遅ればせながら私たちも「スイフトスポーツZC32型」用の、車高調の制作を開始する事となりました。お借りしたスイスポで各部の採寸を進めていきましたが、ブレーキが写真のように大変な事になっている事に気がつきました。これ完全にキャリパーが開いていてローターの外側しか当たっていないのです…。まずはキャリパーの交換が必要ですね(苦笑)しかし、人気のある車だけあって色々なところがそつ無くまとまっていて良い車で...

続きを読む

ゴルフ5 R32にAPレーシングの6POTキャリパーを装着。

本日はAPレーシングの6ポットキャリパーを、昨日車高調整とアライメントをさせてもらったゴルフ5R32に装着しています。普通ゴルフと言うとストリート用キャリパーを、とお考えになる方が多いのですが、オーナーさんのご希望でレース用キャリパーを装着しております。ゴルフにレース用キャリパー、それも6POTとなると世界に何台もいないと思いますから、制作した私たちも鼻が高いです。ローターは355mmのガーランド...

続きを読む

ゴルフ5 R32の車高調整とアライメント。

本日はゴルフ5のスポーツモデルR32の、車高調整とアライメント調整をさせていただきました。お客様の指定通りの高さに合わせましたが、あと少しで下がり過ぎと言う絶妙な高さになったと思います。流石にゴルフ一筋うん十年のオーナーさんだけあります(笑)アライメントはフロントキャンバー3度20分と、結構攻めた数値になっていましたので、街乗りや高速道路で、轍にハンドルを取られないギリギリのフロント2度15分とし...

続きを読む

FD3Sのローター研磨とパッド交換。

FD3Sのローター研磨、パッド交換、フリュードの抜き替えをさせていただきました。カーボン系のパッドは、ローター表面にカーボン皮膜をうまく形成できないと、街乗りでジャダーが出る事があります。そのような時はノンアス系のパッドにすると街乗りでのジャダーは消える事が多いです。ただ、サーキットでの性能はカーボン系が上なので、日常の使い勝手を取るか同課で悩みますね。そうそう、このFD3SはFC3S用タービンの...

続きを読む

エリーゼのリアスタビ

ミッドシップなのにリアスタビが存在しないエリーゼ、エキシージですが、個人的にスタビをあまり効かせるのが好きではない自分ですら、ミッドシップ車のリアは車両を安定させるために、最小限のものが欲しいと思いますので、社外品を装着しています。しかし、ブラケットの固定ボルトが2本、しかもM6で固定の指示…。これだと使用していると確実にブラケットが動いてしまいますから、M10、最低でもM8では固定したいところで...

続きを読む

ロータス エリーゼ エキシージ用 DECK製ダンパー

製作中のロータス エリーゼ、エキシージ用車高調整ダンパーが完成しました。ドライバーさんに合わせて細かい仕様を選んでいただける完全オーダーメイドの車高調になります。一切妥協せず高性能を追求しました。追及1:46mm大経ピストンを採用する事。追及2:全長調整式ダンパーとする事。追及3:弊社製特殊構造の別タンクを装備する事。これら全てを盛り込むのには本当に苦労しましたが、これらを装備する事で軽量車両なら...

続きを読む

ロータス エリーゼ、エクシージ用ダンパーブラケット。

ロータス エリーゼ、エキシージのフロントダンパーの鬼門がこのアッパーブラケットです。ここの寸法が小さいためショックの寸法が限定させてしまいます。この部分は専用品を制作した方が設計の自由度が上がり良いかもしれませんね。...

続きを読む

ブッシュ交換と共にボールジョイントも。

足回りのメンテナンスで大物と言えばブッシュ交換だと思いますが、ブッシュを新品にしたのに何故かビシっ!としない…。その様な時はアームのボールジョイントにガタがある場合が多く、フロントならタイロッドも疑わしいですから、ブッシュ交換時にはボールジョイントも同時交換する事をお勧めします。しかし、最近の車はボールジョイントのみ部品で出ない事が多く、アームASSY交換になるため費用はかさんでしまうのですよね…。...

続きを読む

プロフィール

DECKMP

Author:DECKMP
自動車用ブレーキキット、ショックアブソーバーの設計、製作を行っております。愛知県のデッキと申します。
APレーシング、コスワースの代理店でもあります。

最新コメント

月別アーカイブ